Fotolia_4251301_Subscription_L.jpg

永住申請の条件

 永住申請を行うには様々な条件があり、特に不許可になりやすいのは、以下の3つの多くの条件です

①素行が善良であること(素行要件)
②独立の生計を営むに足りる資産又は技能を有すること(独立生計要件)
③原則として10年以上継続して日本に在留していること(在留期間要件)

永住申請の素行要件

Fotolia_16502702_Subscription_XL.jpg

素行が善良であること(素行要件)

Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum.

永住申請の独立生計要件

Fotolia_16502702_Subscription_XL.jpg

独立の生計を営むに足りる資産又は技能を有すること(独立生計要件)

Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum.

永住申請の在留期間要件

Fotolia_16502702_Subscription_XL.jpg

原則として10年以上継続して日本に在留していること(在留期間要件)

Ut enim ad minim veniam, quis nostrud exercitation ullamco laboris nisi ut aliquip ex ea commodo consequat. Duis aute irure dolor in reprehenderit in voluptate velit esse cillum dolore eu fugiat nulla pariatur. Excepteur sint occaecat cupidatat non proident, sunt in culpa qui officia deserunt mollit anim id est laborum.

永住許可申請時の在留期間の特例条件

Fotolia_8362874_Subscription_XL.jpg
Fotolia_5233995_Subscription_L.jpg
Fotolia_8362874_Subscription_XL.jpg

また、この永住条件には永住条件の特例緩和要件が認められています。

永住特例条件①

在留期間要件について、日本人の配偶者、永住者の配偶者、特別永住者の配偶者の在留資格の場合には、10年の在留期間がなくても、婚姻後3年以上の期間日本に在留している条件があればよい

永住特例条件②

在留期間要件について、「定住者」の在留資格の場合には、10年の在留期間がなくても、定住許可後5年以上日本に在留している条件があればよい

永住特例条件③

外交、社会、経済、文化等の分野において、日本への貢献があると認められる場合には、10年の在留期間がなくても、在留5年以上日本に在留している条件があればよい